メイン画像
HOME > 実際にプレイしてみよう

実際にプレイしてみよう

テニスの基礎を覚えたら、次は実際にプレイしてみましょう!サーブで相手のコートに入れるだけでも初めは難しいと思います。次にリターン。相手が打ってきた球にはスピンがかかっていることがあるので、上手く返さないと、思いもよらぬところへ返球してしまうので、気をつけなければいけません。

ここでは、実際にプレイする時に注意しておきたいことなどを紹介します。

グラウンドストロークの基本的戦術

まず最初の戦術は、クロスコートを狙うところから始まる。例外として、相手が攻撃的なフォアハンドを身につけ、バックハンドが弱い場合や、自分がフ…

ミスショットの修正法

まず最初にミスを起こしやすいのが、相手のフォアハンドサイドのアレーに自分のバックハンドショットがアウトしてしまうこと。これは、ヒッティングポイ…

サービス・サービスリターンでの駆け引き

サービスの原則は、大きな点差や相手が強い場合を除いてはフォアハンドサイドの攻撃を避ける。かえって相手のバックハンドのみにサービスし、…

異なる相手との試合をする時

一番勝負したい相手は、やはり自分より強い相手だろう。この場合、相手がすべての面で自分より優れていることが分かっているときは、どんなことが…

スコアを考えてプレイする

ゲームの第3ポイントは、スコアが30-0などの可能性がある。もし30-0であれば、次のポイントで40-0となり、勝つことができる。15-15の場合…

ダブルスの守備範囲

ダブルスのコートポジションは、一人がサービスする時は、もう一人がネットにいると、サービスリターンが弱い場合、ボレーが出来る。とくにバックハ…

ミックスダブルスの場合

一般にミックスダブルスでのフォーメーションは、フォアハンドサイドが女性、バックハンドサイドが男性であるが、もし女性の方がフォアハンドクロ…

天候などの悪条件を克服したい

強風に負けない対処法は、とにかく練習を積んで経験値を上げることである。もし強風が吹いていたらここに注意したい。まずは向かい風の時は、大…